2020年新卒、新しい学びとこれからの展望 Vol.19 2020年新卒、新しい学びとこれからの展望 Vol.19

2020年新卒、新しい学びとこれからの展望 Vol.19

CCDLab.メディアでは、2020年新卒の学びのアウトプットとして寄稿企画を行っています!2020年4月に入社した社員による新しく学んだことを「バトン形式」で繋ぎ、執筆していきます。

第19回目は中森大地が担当します。

自己紹介:学生時代取り組んだこと

こんにちは、中森大地です。

私は大阪デザイナー専門学校でグラフィックデザイン(広告デザイン・パッケージデザイン)を学び、学外でも活動をしてきました。

学内では主に広告デザインやパッケージデザインを学び、卒業制作ではそれらを活かした制作を行いました。ちなみに、卒業制作で一番苦労したのはテーマ決めです。自由にテーマを決めることが出来たのですが、テーマが面白くないと担当の先生に何度ももう一度考えるようにと返されたのは今となってはいい思い出です。

学外ではコンペに積極的に応募したり、知り合いから仕事をもらいデザインしたり、バイト先の映画館でディスプレイ装飾のデザインをしたりしていました。イベントのポスターの制作やディスプレイ装飾のデザインをよくしていたのですが、そこで依頼された注文の意図を汲み取る力を身につけることができたのでいい経験ができたと思っています。コロナが落ち着いたら個人でイベントポスターの制作をまたしてみたいと思っています。

映画館

新しく学んだこと

配属されてからはサイトの運用をしているのですが、自分には今まで足りなかったフロントエンドスキルと柔軟性が必要なことを実感しました。フロントエンドスキルは先輩方に丁寧に教えてもらいながら学んでいます。少しでも早くフロントエンドスキルを身につけ先輩方の補助がなくても一人で案件を回せるようにしたいと思い日々頑張っています。柔軟性は経験値からくる部分もあると思うので今は一つでも多くの業務をこなせるように頑張っています。

これからどんなことをしていきたいか

万能なクリエイターになりたいです。

そのためにはまずフロントエンドスキルとデザインスキルを伸ばしどんな制作業務でも対応できるようにしていきたいと思っています。後々はクライアントに新しい提案をできるような存在になっていきたいと思っています。

個人でも今まで培ってきたものなどを活かしてデザインの仕事を請け負い活躍したいと思っています。

次はCR研修で同じチームだった毛利怜央くんにバトンを回します!毛利くん、よろしく!!

この記事を書いた人

中森 大地

中森 大地

大阪デザイナー専門学校グラフィックデザイン学科を卒業。趣味は映画鑑賞、スノーボード、sk8です。冬にコロナが落ち着いていたら海外へスノーボードしに行きたいです。

おすすめ記事

CCDLab.について

タグ一覧